ザイロリックは痛風患者のミカタ   >  女性も要注意の痛風

女性も要注意の痛風

女性の脚の画像

痛風は中年の男性がかかる病気だと思われがちです。確かに痛風患者のほとんどは男性ですが、近年では女性でも痛風を発症するケースが増えてきています。女性はもともと女性ホルモンの働きにより痛風になりにくい体質なのですが、現代人が抱える多大なストレスや食の欧米化など、様々な要因により、女性でも痛風にかかることが多くなってきたのです。日本における痛風患者の女性の割合はおよそ2%と言われていますが、欧米諸国を見ると女性の痛風患者はなんと2割にも及ぶそうです。これは欧米の食文化が関係しています。欧米の食事はプリン体が多く含まれるものがあり、プリン体の過剰摂取により痛風にかかる女性が多くいるのです。日本では食の欧米化が進むにつれて、女性もプリン体の過剰摂取により痛風を発症する方が増えてきています。

多大なストレスを抱え込んでいることも、女性ホルモンを減少させるため痛風の発症リスクを高めてしまうのです。現代では女性が子育てをしながら外に出て働くことも増えていることで、ストレスを感じやすい環境にあることも要因なのかもしれません。痛風の薬に代表されるのはザイロリックと呼ばれるお薬ですが、これは女性の方でも問題なく服用可能です。ザイロリックを長期的に服用することで、尿酸値を理想の値まで下げることができます。患者のほとんどが中年男性である痛風に女性がかかると、ショックが大きいかもしれませんが、ザイロリックという強い味方がいるため、長期間の治療で痛風を克服することができるでしょう。

ザイロリックは毎回病院で処方してもらうよりも、海外医薬品の通販サイトで購入した方が価格の低さをはじめ様々なメリットを得ることができます。